前へ
次へ

遺品整理の事を知りたい方へ

遺品整理の事を知りたい方へお教えしたい事があります。
遺品整理は、まず整理作業をします。
ご遺族の方が残

more

遺品整理は生前に依頼できる

遺品整理は故人が亡くなった後に遺族が対応するケースが多いですが、遺族となる人が存在しない場合は事前に

more

遺品整理と不用品処分の違いとは

不用品処分は自宅などにある不用品を各自で処分していくことですが、遺品整理とは大きな違いが存在します。

more

遺品整理で失敗しないコツ

遺品整理を依頼できる業者は全国にたくさん存在します。
遺品整理専門業者もありますし、何でも屋や便利屋でも遺品整理作業を承っている所は多いです。
またお寺や葬儀会社で遺品整理をしてくれる所もあるでしょう。
いろいろな業者がある中で、どこに依頼するかが重要です。
業者の選び方を失敗すると、必要以上に費用がかかったり遺品を乱雑に触ったりと、トラブルに遭う可能性があるからです。
大切な故人のためにも残された遺族が不快な思いをしないためにも、納得のいく遺品整理をしてもらうことが大切と言えます。
業者選びのコツとして、まず何社かに見積もりを依頼しましょう。
ほとんどの会社は見積もりは無料です。
相見積もりを取ることで、予算内で遺品整理をすることができます。
また見積書を見ることで、その会社が信頼できるかどうかわかる点も多いです。
きちんと内訳詳細まで記してある見積書を見せてくれる業者であれば、片付けや掃除などの作業も丁寧です。
しかしながら総額のみが記載されている曖昧な見積書の場合、作業も手抜きの可能性があります。
また何らかの追加作業が必要となった場合の追加料金についても、きちんと説明してくれる業者であれば安心です。
また問い合わせをしたときの電話口の対応も、チェックしましょう。
横柄な物言いのスタッフの場合は、作業に来てくれるスタッフも横柄な態度の可能性が高いです。
そもそも電話口は会社の窓口であり、その人のマナーが非常識であるのは会社自体の信頼もなくなります。
問い合わせをする際は、会社を見極めるつもりで冷静に相手の様子を判断したいものです。
遺品整理は専門知識も必要です。
ときにはお焚き上げをおこなうこともあるでしょう。
仏壇の処分なども、やり方が分からない人は多いはずです。
そんなときに確かな知識を持っているスタッフでなければ安心して任せることができません。
遺品整理士の資格を持っている人がいる業者であれば、信頼できます。
また不用品を処分するにあたっても、一般廃棄物収集運搬許可証や古物商許可証の有無が重要です。
これらの資格や許可を持っている業者を探すようにしましょう。

自分の予定に合わせて不要物を引き取りに来てくれます
持ち込む手間がかかりませんし、忙しい人でも利用しやすいサービスです。

片付けのための費用見積もりも無料です

故人の私物の供養もしてくれます
故人の想い出の品の合同供養なども可能なので、ご相談ください。

まごころこめたお部屋のお片付けをご提供
ご遺族様に代わり、お部屋をきれいにお掃除いたします

Page Top